公益社団法人北海道畜産物価格安定基金協会

  1. トップページ
  2. 事業紹介
  3. 肉用牛繁殖経営支援事業

肉用牛繁殖経営支援事業

1. 事業の目的

 黒毛和種、褐毛和種など肉専用種を対象とした「肉用子牛生産者補給金制度」を補完する事業です。

 子牛価格が発動基準(経営費+家族労働費の8割)を下回った場合に差額の一部を補てんすることにより、繁殖経営の所得を確保し、肉用牛繁殖経営基盤の安定を図ることを目的としています。

2. 事業の仕組み

 肉用子牛の四半期毎の平均売買価格が発動基準を下回った場合に、当該四半期に販売又は自家保留された肉用子牛を対象として、発動基準を下回った額の3/4を補てんします。

表2

3. 事業対象者及び対象子牛

(1) 事業対象者
 肉用子牛生産に係る合理化促進に向けた努力目標を記載した事業参加申込書を提出した肉用子牛生産者補給金制度の契約生産者。
(2) 対象子牛
 補給金制度の個体登録が行われ、平均売買価格が発動基準を下回った四半期において販売又は保留された肉専用種の肉用子牛(乳用種や乳用種との交雑種は対象となりません)。

4. 対象品種・発動基準(30年度)

区分 黒毛和種 褐毛和種 交雑種・乳
発動基準 46万円 42万円 30万円

5. 支援交付金の交付状況 

(単位:千円)

                  
年度 黒毛和種 褐毛和種 その他の肉専用種
25年度 0 0 21,547 21,547
26年度 0 0 6,850 6,850
27年度 0 0 0 0
28年度 0 0 0 0
29年度 0 0 19,147 19,147
トップへ戻る