公益社団法人北海道畜産物価格安定基金協会

  1. トップページ
  2. 事業紹介
  3. 肉用肥育牛価格安定事業

肉用肥育牛価格安定事業

1. 事業の目的

 乳用種去勢肥育牛の枝肉価格が保証基準価格を下回った場合に、生産者に対し補給金を交付し、肉用肥育牛経営の安定を図ることを目的としています。

2. 事業の仕組み

 補給金は、枝肉平均売買価格が保証基準価格を下回った場合に、生産者、農協、指定荷受機関が積み立てた生産者積立金から交付されます。

平均売買価格~農水省が食肉流通統計にて発表する「乳牛去勢計」の平均卸売価格

表3

3. 事業対象者及び対象肉用肥育牛

(1) 事業対象者
 本協会の肉用肥育牛価格安定事業業務規程に基づき、農協又は農協連と肉用肥育牛生産者補給金交付利用契約書を締結している生産者。
(2) 対象肉用肥育牛
 乳用種又は乳用種を母とする交雑種で肉質等級「2」以上かつ、枝肉重量300kg以上のものであって、指定荷受機関に出荷・販売した肉用肥育牛。

4. 1頭当たり補給金交付額及び交付限度額(31年度・令和元年度)

(1) 補給金交付額
(保証基準価格ー枝肉平均売買価格)×400㎏×0.9
(2) 交付限度額
6,480円(18円/㎏当たり)

5. 生産者積立金の負担割合及び負担金単価(31年度・令和元年度)

区分 負担割合(%) 負担金単価(円/頭)
新規・増頭 継続
生産者 55 2,750 0
農協 15 750 0
ホクレン 30 1,500 0
100 5,000 0

6. 補給金の交付状況

(単位:団体、戸、頭、千円)

区分 26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
交付契約 農協数 14 14 13 13 13
農家数 53 53 52 50 48
頭数 36,756 35,830 37,603 36,837 37,307
補給金交付頭数 8,421 0 26,373 31,545 0
補給金交付額 70,810 0 265,434 283,905 0
トップへ戻る