公益社団法人北海道畜産物価格安定基金協会

  1. トップページ
  2. 協会紹介

協会紹介

協会概要

 私たち北海道畜産物価格安定基金協会は、畜産物価格が低落したときに、生産者の皆さんが安心して経営が続けられるよう補給金などの交付を行っており、畜産物の生産と価格の安定を図ることで、北海道の畜産の健全な発展と消費者の皆さんに対する良質な道産食材の供給に貢献しています。

名称 公益社団法人 北海道畜産物価格安定基金協会
設立 昭和45年9月1日(移行登記:平成25年4月1日)
代表者 代表理事会長 飛田 稔章
沿革

 「社団法人北海道畜産物価格安定基金協会」は、昭和45年9月1日、畜産物価格の低迷等により生ずる影響を緩和するため、生産者補給金を交付する等により、畜産物の生産と供給の安定を図り、もって生産者の経営の健全な発展に資することを目的として設立されました。

 その後、公益法人制度の改革に伴い、平成25年4月1日、現在の「公益社団法人北海道畜産物価格安定基金協会」へ移行しました。

事業

1. 肉用子牛生産者経営安定対策事業

(1) 肉用子牛価格安定事業

① 肉用子牛生産者補給金制度詳細を見る

 肉用子牛の価格が低落し、保証基準価格を下回った場合に、生産者補給金を交付し、肉用子牛生産の安定を図ります。

② 肉用牛繁殖経営支援事業詳細を見る

 肉用子牛価格が発動基準を下回った場合に、差額の一部を補てんすることにより、繁殖経営の所得を確保し、肉用牛繁殖経営基盤の安定を図ります。

③ 肉用子牛生産者補給金制度運営体制整備強化事業

 生産者補給金の交付事務処理の高度化や補給金制度の適正な実施体制の確保等により、運営体制の強化を図ります。

ア 肉用子牛生産者補給金制度運営適正化事業

肉用子牛の販売・保留の確認や契約生産者等に対する指導、補給金制度の趣旨及び内容の周知徹底等により、業務の適正かつ効率的な実施を図ります。

イ 指定協会運営体制支援事業

補給金制度の適正な実施体制の確保のため、当協会の運営体制の強化を図ります。

(2) 肉用子牛生産維持・拡大推進事業詳細を見る

 肉用子牛生産基盤の維持・拡大により、生産者の経営の健全な発展を図るため、肉用子牛の事故率低減に向け、衛生管理等に必要な機材類購入費用の一部を助成します。

2. 肉用肥育牛価格安定事業詳細を見る

 乳用去勢肥育牛の枝肉価格が保証基準価格を下回った場合に、生産者積立金から補給金を交付し、肉用肥育牛経営の安定を図ります。

3. 養豚経営安定対策事業詳細を見る

 粗収益が生産コストを下回った場合に、(独)農畜産業振興機構から生産者へ、その差額の8割を直接交付することにより、養豚経営の安定を図ります。

会員
  • 北海道
  • 北海道農業協同組合中央会
  • ホクレン農業協同組合連合会
  • 北海道チクレン農業協同組合連合会
  • 北海道信用農業協同組合連合会
  • 全国共済農業協同組合連合会
  • 豊浦町
  • 公益財団法人北海道農業公社
  • 一般社団法人北海道配合飼料価格安定基金協会
  • 農業協同組合(109会員)

118会員

預り寄託金 636,900千円(子牛事業 332,200千円、肉豚事業 164,100千円、肥育牛事業 140,600千円)
役員 理事7名(うち常勤1名)、監事2名組織図
職員 10名
会計年度 4月から翌年3月

アクセスマップ

 北海道畜産物価格安定基金協会は、JR札幌駅にほど近い札幌市中心部にあり、北海道内の農業関係諸団体が多く入居する「共済ビル」の4階にオフィスを構えています。

 皆さんのご来訪をお待ちしております。

所在地 〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西1丁目1番地 共済ビル4階
アクセス時間
  • JR札幌駅南口から徒歩で7分。
  • 地下鉄南北線さっぽろ駅(9番出口)から徒歩で4分。
  • 地下鉄東豊線さっぽろ駅(21番出口又は23番出口)から徒歩で2分。
トップへ戻る